レビトラ通販

即効性のある使いやすいED治療薬レビトラ

レビトラはバイアグラの次に作られたED治療薬です。

 

 

バイアグラは食事やアルコールの影響を受けやすいという特徴があり、服用のタイミングもシビアでしたが、二番目に作られたED治療薬という事でその点が改善されました。

 

 

主成分である塩酸バルデナフィル水和物は水に溶けやすい分子構造を持っており、服用後すばやく胃内壁から吸収されるため、食事の影響を受けにくいのです。

 

 

同じ理由で、他のバイアグラやシアリスなどのED治療薬と比べて即効性があり、最高血中濃度到達時間は40〜50分と最も早いです。

 

 

ですから、食事をとる時間や服用のタイミングに気をとられることなく、自然な流れでリラックスして性行為に臨めるでしょう。

 

 

必要な時に服用してすぐ効果が得られるので、ED治療薬を初めて使う方にとっても、常用している方にとっても使いやすい治療薬だと言えます。

 

 

また、飲酒の影響も受けにくいとされていますが、だからといって飲みすぎると効果が弱まってしまいます。

 

 

お酒の弱い方ですと、レビトラの血管拡張作用が作用してアルコールが一気に回ってしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

 

精神的な原因が大きい勃起不全の場合は、少量のお酒で気持ちを落ち着かせる事によって薬の効果を得やすい事もありますので、時と場合によって使い分けるのが効果的です。

 

効果持続時間

服用方法は、性行為の20分〜1時間前に水などと一緒に服用します。

 

 

食前20〜30分前の空腹時に服用するのが効果的ですが、それが無理なら油分の少ないあっさりした食事を軽くとるようにし、食後2〜3時間空けるとよいでしょう。

 

 

10mgなら最低5時間程度、20mgなら最大10時間程度効果が持続します。

 

 

1日1回、24時間以上空けて服用するようにして下さい。

 

 

即効性のあるレビトラは、副作用があった時には症状が現れるのも早くなります。

 

 

副作用には、ほてりや頭痛、鼻づまり、動悸、めまいなどがありますが、ほとんどの方に現れる軽度のものなのでご安心ください。

 

 

たいていは効果がなくなる頃には治まります。

 

 

頭痛が辛い場合は市販の頭痛薬と併用しても構いませんし、もし時間が経っても改善しないようなら医師に相談しましょう。

 

 

副作用の現れ方には個人差がありますので、他のED治療薬を試してみるのも一つの手です。

 

 

レビトラは硝酸剤やHIV治療薬、抗不整脈薬などを使用している方には処方できません。

 

 

他にも6か月以内に狭心症発作を起こした方など、使用できない場合がありますので、医療機関で医師の指示に従って服用するのが一番安全です。

 

 

インターネットで個人輸入代行業者を介して安く購入する事も可能ですが、偽物を扱っている場合も多いので注意しましょう。

 

錠剤がかなり小さいレビトラはガツンと効く薬

ED治療薬として有名な薬の一つがレビトラです。

 

 

効果の持続時間は大体4時間から5時間程度なので、性行為の時間から逆算して服用する様にしましょう。

 

 

食事の影響は受けにくい薬なのですが、脂っこい食事とか高カロリーの物を食べると、時には胃腸に油膜が出来てしまい薬の成分を吸収しにくくなってしまう可能性があります。

 

 

出来るだけ効果を実感したい時は、空腹時に服用する様にしましょう。

 

 

また、胃腸に膜を作ると言えば牛乳が良く知られていますが、レビトラを飲む時は牛乳でもOKかといったら、少し注意が必要です。

 

 

出来れば水、しかも何も含まれていないような物の方がより良いでしょう。

 

 

ただ硬水はミネラル分が多いので、軟水を利用するようにします。

 

 

レビトラは性行為をする1時間程前に服用します。

 

 

10mg、20mgがありますが、初めて利用する時は10mgを選ぶべきです。

 

 

また効きすぎる場合はピルカッターで割ってから服用しますが、残った方は変質してしまいやすいので、出来るだけ空気に触れないようにし、早めに服用するようにしましょう。

 

 

しかし、1日に飲めるのは1回のみとなっているので、残っているからと言って1日に2回飲むのは良くありません。

 

アルコールの影響

所で、食事の影響は余り受けにくいレビトラですが、アルコールの影響はどうなっているのでしょうか。

 

 

アルコールに関しては、それほど影響を受けないと言えます。

 

 

しかし体質によっても違い、もしかしたら酔いやすくなってしまう可能性も否定できません。

 

 

その為、コップ1杯程度で酔ってしまう様な人は最初からアルコールはやめておく方が賢明です。

 

 

どれだけ飲んでも平気な人も、薬の影響で酔う可能性も出てくるので、飲み過ぎにはくれぐれも注意し、普段の量よりも減らす方が良い場合も多くあります。

 

 

体質の差と言えば、レビトラを服用した時に出る副作用も個人差がかなりあります。

 

 

多くの人は頭痛・のぼせ・吐き気等を感じるのですが、時には胸焼けや光がまぶしく感じてしまう等もあるので、注意しましょう。

 

 

より安全に服用したいならば、車の運転とか高所での作業をしない時に服用します。

 

 

そうすれば、突然いつもとは違う副作用が出たとしても、それほど困る事は有りません。

 

 

副作用自体は効果が持続している時間は大体出る事があります。

 

 

しかし言い換えれば効果がなくなればそれも消えるので、心配は不要です。

 

 

ただ、あまりにも頭が痛いと性行為どころではないという人は頭痛薬を一緒に飲むようにしましょう。

 

レビトラは勃起不全の治療に効果的

勃起不全治療薬のバイアグラの後に製造されたレビトラは、ドイツに本社がある製薬会社のバイエル薬品によって開発されています。

 

 

日本国内ではバイアグラが販売された2年後の2001年12月に承認申請がおこなわれ、2004年の4月には製造と販売がされるようになりました。

 

 

そして同年の6月には10mgタイプと5mgタイプのレビトラが販売されるようになり、2007年の7月には20mgタイプの医薬品が発売開始されています。

 

 

発売当初は日本人の俳優をポスターやTVCMに起用して宣伝をおこない、これにより多くの方に認知されるようになりました。

 

 

そして勃起不全治療薬のレビトラという名前には由来があり、フランスの言葉で男性定冠詞を意味する「le」と、ラテン語で命という言葉の「vitra」を合わせて名前が作られています。

 

 

この「le」と「vitra」を合わせると「LEVITRA」になり、つまり「男性の命」という意味なのです。

 

 

そして医薬品のパッケージや小冊子を見てみると炎のマークが描かれているのですが、これは「医薬品を使えば炎のように素早く効く」という意味を込められて炎のパッケージが描かれてます。

 

 

レビトラの有効成分にはバルデナフィルが含有されており、この医薬品を使えば勃起不全を素早く改善することが出来ます。

 

バルデナフィル塩酸塩水和物

医薬品によって用量がそれぞれ異なりますが、例えば「レビトラ20mg」は塩酸塩水和物23.705mgのなかでバルデナフィルが20mg入っていることを意味します。

 

 

バルデナフィル塩酸塩水和物は結晶の粉末であり、白色の物から少し黄色になった色の結晶となっています。

 

 

この結晶性の粉末は水に溶けやすい性質であり、この性質はバイアグラやシアリスなどのED治療薬にはない独特の性質です。

 

 

この水に溶けやすい性質であることから血中濃度が最高に達するのが他のED治療薬と比べて非常に短く、すぐに効果を発揮することが出来るのです。

 

 

そして医薬品は個人輸入代行サービスやクリニックから入手することが可能です。

 

 

個人輸入代行サービスではお手持ちのスマートフォンやパソコンから医薬品を購入することが出来ますし、クリニックの場合は来院して医薬品を処方してもらいましょう。

 

 

クリニックでの医薬品の処方はそれほど時間がかからなく、来院してから10分ほどで処方してもらえます。

 

 

また、クリニックでは1錠単位でも処方してもらえますので、試しに医薬品を使いたいという理由で来院する方が多く居ます。